IgG検査の費用・価格

IgG検査の費用・価格

遅延型フードアレルギー(遅延型食物アレルギー)を調べるのに、IgG検査という方法があります。IgG検査では、96種類の食品のアレルギーをチェックしてくれるというアメリカでの検査方法。遅延型フードアレルギーの症状は、下記のページに追記です。

 

⇒遅延型食物アレルギーの症状

 

遅延型フードアレルギーIgG検査の費用・価格は?

 

IgG検査はアメリカの研究機関で行われるため、なかなか日本人が受けにくいというのがデメリットの一つ。IgG検査自体は、血液検査ということで難しいものではないですが、認知度が低いことでまだコストがかかる。

 

保険が適用ではないため遅延型フードアレルギーの検査費用・値段が高いというのもデメリット。価格は1回のIgG検査が約3万円〜4万円ほどが相場。

 

IgG検査の血液検査は米国に送る必要があるので、検査結果を知るのに1ヶ月〜1ヶ月半ほどかかるのもデメリットの一つ。

 

血液の検査だけで3万円ほどすると考えると、値段・価格的に少し高くも感じますが、それで遅延型フードアレルギーを発見できて、普段から悩まされている体調不良の症状や うつなどのメンタル的な症状も改善されるキッカケになるなら費用対効果は大きくメリットもある。

 

私も一時期、慢性的な体調不良から軽度うつ症状になった経験がありますが、その当時はお金はいくらでも払うから治したいという気持ちが強かった。今は値段に抵抗を感じるというのは、元気になった証拠だなと(笑)。

 

日本(せめて東京や大阪。頑張って名古屋、福岡、北海道あたり)でIgG検査が手軽に受けられる病院があれば、日本の医療費も下がるかもですし。IgG検査の価格も下がって誰でもが遅延型フードアレルギーの検査できるようになればいいのになと。

 

遅延型フードアレルギーにより慢性的に体調不良の人は、毎日同じ食品を摂取しているケースが多いので、IgG検査の価格が気になる躊躇している人は、普段の食事内容をチェックするのも遅延型フードアレルギーを改善できる方法の一つ。体に良いと思っている食べ物が、実は落とし穴ということもあるようですし難しいですね。

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク