ハイラックKIDSの効果は?

ハイラックKIDSの効果は?

ワールドビジネスサテライト(WBS)で、ハイラックKIDSというマスクが紹介されていました。ハイラックKIDSは名前の通り、子供用のマスクで、高性能・高フィットというのが特徴。

 

ハイラックKIDSは興研株式会社製。興研株式会社はもともと業務用の防塵・防毒マスクを製造しているメーカーなので、安心・安全の日本製。

 

ハイラックKIDSは、子供の対象年齢は5~12歳とのこと。WBSのトレンドたまごというコーナーで紹介されていたので、ヒットしそうな商品という印象。子供をウイルスや大気汚染から守りたいという視点から、子供向けのマスクを独自に開発したとのこと。

 

ハイラックKIDSは3種類

 

・ハイラックKIDS(通常版)

インフルエンザや風邪、pm2.5、花粉症の予防対策

 

・ハイラックKIDS『かからんぞ』

⇒インフルエンザや風邪、pm2.5、花粉症の予防対策

 

・ハイラックKIDS『うつさんぞ』

⇒感染を拡げないために、かかった子供がする用のマスク

 

ハイラックKIDSの効果や値段・価格

 

WBSで実験が行われていましたが、ハイラックKIDSでは0.31%のチリが中に入り込んでいて、それ以外をカットしているとのこと。スゴイ効果ですが、一般のマスクとも比較していました。

 

一般のマスクだと61.9%、64.93%中に入り込んでいて、密閉性を高めたマスクでも17.35%もチリが入り込むという結果だったので、ハイラックKIDSの効果はスゴイ高いという結果でした。

 

・フィルターの性能

・マスクと顔の間からの漏れ

 

この2点を合わせたものがマスク全体の性能とのことで、従来のマスクは横から漏れたことが結果とのこと。防毒マスクのノウハウを活かして子供用に開発されたのがハイラックKIDS。大人用もこれから取り扱われるようになるようです。

 

ハイラックKIDSは2013年10月頃から発売されるようで、1枚441円~で使い捨てマスクという値段はマスクにしては高価な商品。使ってみた感想をキャスターの方が話していましたが、熱のこもりなどは無い感じで、息をしづらさは少しあるとの口コミでした。固めのマスクとのこと。

 

今年の春にPM2.5の越境大気汚染や花粉症が酷かった時期は、高いマスクも飛ぶように売れていたので、子供の緊急用や安全を考えると、価格的にギリギリ購入できる値段なのかなと。大人用ハイラックも花粉症の時期に欲しいなと。

 

これからは通販サイトで取り扱われるのだろうけど、ドラッグストアやロフト、東急ハンズなどにもありそうですね。一度、下見に行ってみて、口コミなどを参考にして良さそうなら甥に通販で送ってみようかなと考えています。

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク