菰田シェフやせメシ

菰田シェフやせメシ

食べなければ痩せる。でも、それは健康的ではない。お腹いっぱいに食べて痩せるのが目的の『やせメシ』。脂肪肝やコレステロール値、血圧、中性脂肪などが気になりつつ、運動が苦手な方は、はなまるマーケットで紹介されていた菰田欣也シェフの『やせメシのレシピ』は使えそうです。今度作ってみようと思ってメモしました。

 

スーツァンレストラン陳の料理長 菰田欣也さん(1年で103kgの体重が84kgになり脱メタボ)と、分とく山料理長の野崎洋光さん(2ヶ月で68kgから57kg)がダイエットに成功した『やせメシ』のレシピを紹介していました。

 

はなまるマーケットで紹介されていた『シェフのやせメシ』。健康的に痩せる料理レシピのコツは、早くて美味しい簡単な料理レシピなので使いやすそうでした。

 

菰田欣也シェフがダイエットに成功した『やせメシ』レシピ方法

 

やせメシは、9品目をバランス良く食事で摂取して、炭水化物を控える

 

基本的には昼だけに実践している方法のようで、その9品目は以下の通り。菰田欣也シェフ曰く、やせメシで一番大切なのは火の通し方だそうです。食材を大きめに切ることで、食感を残して火を通しすぎない(満腹感を得る)。

 

・肉

・魚

・貝

・海藻

・豆類

・卵

・乳製品

・野菜

・油脂

 

紹介されていた菰田欣也シェフの炒めもの『やせメシ』料理レシピは(2人分)をメモです。材料はしっかりと大きめに切られていて、食感が残るように炒めている時間も少なめでした。

 

【菰田欣也シェフのやせメシ/炒めもの】

 

・豚バラ肉 80g(豚を使うことで余計な油を使わない)

・厚揚げ 1枚

・ネギ 適量

・ショウガ 適量

・卵 1個

・人参 1/4本

・チンゲンサイ 1株

・キャベツ 2枚

・酒 大1

・オイスターソース 大1/2

 

豚肉を最初に炒めて、フライパンから取り出しておく。そのフライパンに厚揚げを炒めて、焼き色が付いたらネギとショウガを投入。香りが付いたら卵を追加。その後、肉を再び入れて、千切りの人参、チンゲンサイの茎、キャベツを投入+お酒。最後にチンゲンサイの葉を入れてからオイスターソースで味付け。

 

【菰田欣也シェフのやせメシ/和物】

 

・キュウリ 1本

・乾燥わかめ 3g

・干海老 10g

・水 大1

・豆板醤 小1/2

・みじん切りのネギ 大2

・ごま油 少々

 

大きめに切ったキュウリ(乱切り)にワカメをボウルに投入。魚は干しエビで代用(大さじ1の水で戻しておく)。フライパンに豆板醤とネギを軽く炒め、その中に干しエビを入れる。それをボウルに和えて、ごま油をふりかけて完成。キュウリも大きめ、干しエビも刻まずそのまま使うことで食感があるので噛む回数が増えるやせメシ。

 

【菰田欣也シェフのやせメシ/トマトスープ】

 

・鶏がらスープ 300cc

・牛乳 100cc

・トマト 1/2個

・塩 少々

・胡椒 少々

 

フライパンに鶏がらスープを入れ、牛乳とトマトを入れる。塩コショウで簡単に味付けで完成。9品目を網羅した菰田欣也シェフのやせメシです。

 

野菜には食物繊維が豊富なので、体脂肪を付きにくくする働きがある。そして、野菜を大きく切ると噛む回数も増えて、内臓脂肪を燃やすという効果もあるとのこと。ダイエットだけでなく、健康維持にも効果のありそうなバランスの取れたメニューです。

 

でも、菰田欣也さんのブログ、かなり濃い料理画像がたくさん。料理人やシェフは太りやすい環境(しかもトンカツ好き)なので、それでダイエットに成功できているのなら、かなりヤセメシは使えそう。食事制限無し+特別な運動無し!

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク