能登しおサイダー

能登しおサイダー

はなまるマーケットを見ていると、歌手生活48年目の加藤登紀子さんが、能登の しおサイダーをおめざとして紹介していました。能登の しおサイダーは、石川県加賀市にある株式会社アンテで作られているサイダー。

 

『奥能登地サイダー しおサイダー』という名前の商品のようで、6本入りで1300円と少し値段はお高めです。地ビールではなく、地サイダー。加藤登紀子さんは、毎朝必ず、能登の しおサイダーを1日1本飲むようです。

 

能登地方で400年ほどの歴史がある製塩技術を使った浜塩は、まろやかでコクがある希少な塩。そんな塩を使ったサイダーが能登の しおサイダーとのこと。Amazonの口コミ・レビューを見ていると、おすぎさんもお気に入りのサイダーとのこと。

 

夏の熱中症に思いっきりやられた私としては、こういうものを飲んでおけば良かったのかなと思ったり。イマイチ、まだ熱中症から立ち直れていなくて、胃腸の調子が戻らない。今日は胃腸科の病院へgoです。

 

加藤登紀子さんは、朝から、シュワっとした能登の しおサイダーの音を聞くのが朝の始まりだそうで、何となく優雅なおば様だなぁ~と。

 

能登の しおサイダーの見た目も薄い青の瓶も本当にキレイで涼しい感じ。塩分が熱中症にも良いですが、胃腸を活性化させるのに炭酸も良いという情報もありますし、Amazonか楽天通販で注文してみようかなと思っています。

 

飲んで美味しかったら、また口コミや感想を書き込みたいなと。加藤登紀子さんも孫などに能登の しおサイダーを配っているそうです。飲み物を好きになるとご飯を食べなくなるので、怒られたりするそうです。面白いエピソードでした。

 

塩関係の商品とサイダー・ソーダ・炭酸系は凄く流行ってたけど、しおサイダーという2つを足した商品。近くで取り扱い販売している店があればいいけどねぇ。通販だと送料が気になる所なので・・。

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク