糖化を防ぐ食品

糖化を防ぐ食品

砂糖は老化に影響する!最初に聞いたときはビックリ。体の中に余分な糖があることで、過剰分の糖が体内のタンパク質と結びつき、AGEを生み出す。糖化を防ぐことで、肌や体内の老化させるAGEを抑えられるので、その食品選びは大事とのこと。

 

基本的には甘い食品系が苦手。料理にも砂糖をほとんど使わないしスイーツなども食べる機会が少ないため(胃腸が弱いのも理由ですが)、自然と糖化を防ぐ食品を選んでいる。

 

出汁や塩味が好きなのであまり糖化・AGEを意識していませんでしたが、『糖化=砂糖』という訳ではないというのがちょっと間違っていた感じ。炭水化物も糖なので、糖化を防ぐには炭水化物の摂取過剰も問題。

 

糖化を防ぐ(抗糖化)食品は?

 

糖化を防ぐ(抗糖化)食品は、緑の葉野菜やスパイス系が効果が高いとアメリカやインドのデータがあるようです。糖化を防ぐ効果の高い食品を積極的に摂取したいなと。冷え性なので体を冷やしそうな緑の葉野菜よりも、体を温めてくれるショウガがこれからの冬には良さそう。というか、鍋が最高。

 

【糖化を防ぐ食品一覧】

 

・レタス

・小松菜

・白菜

・キャベツ

・ショウガ

・シナモン

・クミン

・黒胡椒

・緑茶カテキン

・抹茶

 

【うっかり糖化を招く食品】

 

・ご飯

・うどん

・白系のパン

・清涼飲料水

・炭酸飲料

 

個人的に、白ご飯や清涼飲料水は、ついつい糖分を忘れて摂取してしまいがちな食品だなと。糖化することで体による影響は色々。

 

・肌の老化

・たるみ くすみ シワ

・動脈硬化

・脳梗塞

・心筋梗塞

・アルツハイマー

・骨折しやすくなる

・がん細胞の発生原因にもなる

 

などなど。アラフォーには怖い病気や症状が連発です。糖化を防ぐ食品をなるべく料理レシピに組み込んで、健康的に過ごしていきたいなと。砂糖を抜くだけではダメなんですねぇ。

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク