チビチビ給油でガス欠渋滞

チビチビ給油でガス欠渋滞

お盆に突入からUターン渋滞で問題になっているのが、チビチビ給油からのガス欠の渋滞のようです。今年のレギュラーガソリンの全国平均小売価格は、6月7日が1リットル151.9円。それが8月5日には160.1円という急騰ぶり。

 

そのため、ガソリンを満タンではなく、2千円分とかチビチビと給油する『チビチビ給油』が人気になっている。チビチビ給油ってまた可愛いネーミングですが、確かに私の友人もガソリンの値段が高いなとよく口にしている。

 

チビチビ給油のメリットは、ガソリンを多く入れることで車重が重くなるので、必要な分のガソリンだけを入れていくと燃費が良いとか言う理由もあるようです。燃料価格高騰のため、車だけでなく飛行機などでもチビチビ給油が使われているようです。

 

ただ、そのデメリットとして高速道路などでのガス欠が急増して、渋滞が増えているとのこと。普段は街中でチビチビ給油をしている人が、盆休の旅行などで高速道路に乗るのに、ついつい癖でチビチビ給油のままガス欠⇒JAFが出動⇒大渋滞というパターンが起こっているようです。意外と高速道路って給油所が少ない。

 

荷物も軽くするほうが車の燃費が良いと言われますしねぇ。また、夏はエアコンを使うので大渋滞がさらにガス欠+大渋滞を引き起こす。

 

テレビでJAFに密着しているシーンがあったのですが、ガソリンの価格が高騰しているため、レギュラーガソリンと軽油を間違えて軽自動車に入れてしまってガス欠になってJAFを呼ぶというトラブルもあるようです。

 

普段から車に乗らない女性の方などは、単純に一番安いのを入れようとして間違えてしまうこともあるようです。確かに私も昔、軽油って軽自動車のオイルかと思っていましたし・・。

 

チビチビ給油も20代前半の頃はよくしていたなぁ~と懐かしい思い出。今は車を維持することすら難しい。ガソリン高騰、いつまで続くのでしょうかねぇ・・。

 

今年の年末や2014年には、原油価格と円安のダブルパンチでガソリン価格は180円台になると言ってるエコノミストもいるので厄介。今チビチビ給油するより、満タンに入れておく方が良さそう(笑)。

 

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク