紫外線アレルギーの対処法

紫外線アレルギーの対処法

連日猛暑日による熱中症で、各地でも救急車などの緊急搬送や死者が相次いでいる日本。熱中症だけでなく、日光による紫外線アレルギーにも注意が必要とのこと。症状や対処法・対策などがテレビで紹介されていたのでメモです。

 

紫外線アレルギーの症状や対処法は?

 

紫外線アレルギーとは、日光の原因により皮膚に湿疹や水ぶくれ、ブツブツ、赤い斑点ができる症状。その湿疹やブツブツに痒みなども起きると肌荒れが悪化することに。

 

花粉症のメカニズムに近く、いつ発症するか分からないまま突然起こる可能性がある。内因性の場合、普段から日光を浴びていない人にも起こりえる。ここ最近、紫外線アレルギーの患者が多いと、病院の皮膚科の医師が警鐘を鳴らしているようです。

 

・内因性・・先天性や代謝異常などが原因

・外因性・・内服薬や外用薬が起因(風邪薬や湿布薬)

 

紫外線アレルギーは、紫外線が強い夏に症状が現れることが多い。もともと体の中で体質を持っていて起こす人もいますが、飲んだり貼ったりする薬を使用することで出てくるアレルギーもあるとのこと。薬を上手に使うことも紫外線アレルギーへの対処法です。

 

症状の例は、虫さされの市販の塗り薬を塗った場所に太陽の光を浴び続け紫外線のアレルギーを起こしてしまったり、湿布薬を貼った部分に紫外線が当って皮膚が腫れてしまったりする症状。紫外線アレルギーのせいで、薬が毒にもなってしまうので対処法が難しい。

 

肌の調子が悪い人は紫外線アレルギーの画像を検索すると良いかも。画像にも、少しの湿疹程度の症状もあれば、かなり水ぶくれしている画像もあります。症状が重めの写真はかなりショックを受けるので注意してください。

 

私もつい先日から頭皮が痒くて皮膚科の病院に行ったところ。頭皮が荒れてフケが出ている状態。日焼けをしたときになりやすいので、紫外線が影響してるのかな?と思って皮膚科に行ったのが対処法。あとシャンプーを変更もしましたが効果がない状態。

 

皮膚科で処方された塗り薬(液体状の薬ですが)の量を多く塗りすぎたのか、余計にカサカサの皮膚が剥がれてくる症状。顔まで皮膚が荒れたら嫌だし、これが紫外線アレルギーかな?と心配なので皮膚科に行こうとしたら、まさかの盆休・・。

 

紫外線アレルギーの対処法・対策は人それぞれ

 

紫外線アレルギーの症状の出方は、人によって違うので対処法もまた変わってくる。すべての薬や化粧品に紫外線アレルギーの危険があるのではなく、その人の持つ体質にもよるもので違う。アレルギーで痒みだけでなく吐き気まで出てくる人もいる。

 

飲んでいる薬や塗っている薬・化粧品が同じでも紫外線アレルギーの症状が出る人もいれば出ない人もいる。また、紫外線アレルギーは一度発症すると、アレルギーそのものを治すのはかなり難しいとされています。

 

紫外線アレルギーの対処方法

 

・白ではなく、色の濃い服を着る(黒色等が良い)

・日傘

・湿布などを使用する際は、包帯でくるむ

・手袋

・長袖のシャツやカーディガンをはおる

 

今年は女性用だけでなく男性用の日傘の売上も増えている。日傘男子とか言われていますが、街中で見かける日傘を持った男性はかなり年配のおじ様や高齢のサラリーマンという感じ。

 

若い男の子が日焼け止めを塗っている姿はたまに見かけるようになった。サングラスをする人も多いですね。紫外線が目に入って痛いくらいの猛暑日が続きますしねぇ。

 

若い子の日焼け止めは、肌を黒く焼きたくなくて、白い肌に憧れているのかとも思っていましたが、熱中症や紫外線アレルギー等の、紫外線による肌荒れの対処法の一つのようです。

 

でも、薬を上手に使わないと、紫外線によるアレルギーにもなってしまうので難しい。日中の外出をなるべく避けて、帽子や長袖を着ることが意外と紫外線アレルギーの対策・対処法になるようです。熱中症や紫外線アレルギーの予防・対策も考えないとなと。素人判断では難しいのが紫外線アレルギーなので、病院に行くことがオススメです。

 

ちなみに、2013年8月5日~11日の総務省消防庁の発表では、熱中症で緊急搬送された人は9815人。搬送者は前週の約3.3倍。日本、どんどん暑くなって夏は毎年”記録”みたいなのが出てる感じです・・。

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク