エピカテキンの効果的な摂取方法

エピカテキンの効果的な摂取方法

チョコレートやココア、リンゴ、ぶどう、緑茶、それらのサプリメント等に含まれているエピカテキンというポリフェノールの一種の健康効果が医学界で注目されています。エピカテキンの効果を上手に発揮する摂取方法が紹介されていたのでメモです。

 

エピカテキンの効果

 

・血管の若返り

・アンチエイジング効果

・高血圧の予防や改善

・活性酸素を分解する抗酸化作用の働き

 

歳を重ねるごとに血管が硬く・狭くなり動脈硬化になる。その動脈硬化が脳卒中や心筋梗塞を引き起こす原因になるので、エピカテキンというポリフェノールの一種を摂取することは血管を若返らし、健康的に長生きできる効果的な方法です。そこで大事なのがエピカテキンの摂取方法。

 

エピカテキンの効果的な摂取方法

 

ちょこちょこ食べ

 

エピカテキンの効能を効果的に体内で発揮する食べ方は、チョコをちょこちょこ食べる!という方法。血液中のエピカテキンの濃度が高い状態で長く保つことが、酸化を防止するポイント。

 

エピカテキンを摂取したときの効果は2時間でピークを迎え、そのあとは代謝されて右肩下がりに急激に減っていきます。

 

エピカテキンを一度に多く摂取すれば血管の若返り効果や高血圧予防・改善になると言うわけではなく、ちょこちょこ食べること(血中濃度を考えて摂取すること)が効果的な方法。

 

エピカテキンは特にダークチョコレートに含まれているので、チョコをちょこちょこ食べるというのが大事。簡単で覚えやすい方法です。

 

ダークチョコレートとは、特にビターな味のチョコレート(カカオ+砂糖で作られたチョコ。通常の市販は粉乳類が混ざったミルクチョコレート)。

 

エピカテキンを効果的に摂取できる食品の一つがダークチョコレート。ダークチョコレートはダイエットにも効果が高いことでも知られていますし、高血圧の予防・改善や抗酸化作用の働きなど、意外と健康食品と証明されているようです。

 

ダークチョコレートを持ち歩き、ココアを飲んで、リンゴやぶどうのおやつ、緑茶で休憩、サプリメントで補助という感じで生活に馴染ませるとエピカテキンのちょこちょこ食べの摂取も簡単な方法かと思います。

 

さっそく明日からダークチョコレートの効果を自分で検証してみたいなと考えています。でも、夏場は鞄の中で落ち歩くと溶けるので難しいかもですが・・。

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク