メルシーリトリーバー

メルシーリトリーバー

行列のできる法律相談所というテレビ番組の『最新医療&健康法SP』の脳卒中治療の最前線!という特集で、血栓回収カテーテルのメルシーリトリーバーが紹介されていました。

 

メルシーリトリーバーとは?

 

メルシーリトリーバーとは、足の付根の大きな動脈からカテーテルを脳まで通して、その脳まで届けたワイヤーを螺旋状にして詰まっている血栓を絡めて引きぬく・回収するという方法。

 

メルシーリトリーバーで詰まっていた脳の血栓を回収することで、再び脳に血液が流れて症状が回復する可能性が高いと話題になっている、脳梗塞・脳卒中予防・対策の最新治療です。

 

昨年頃からたまねぎ氷など、血栓を溶かす高血圧の食事メニューや病院の病院食レシピなども色々と話題になっていて、夏場は特に気になる脳卒中や脳梗塞。私の親も少し高血圧気味なので、そろそろ病気や病院、介護の勉強を視野に入れないとダメなので、メルシーリトリーバーのような医療技術の進歩は心強い。

 

メルシーリトリーバーのメリットは?

 

これまでの脳梗塞・脳卒中の予防や対策としては、薬を使うことによって血栓を溶かすというものだったため、大きな脳の血栓には効果が少なかった。

 

メルシーリトリーバーによって、大きな血栓を回収できるようになったのがメリット。それにしても、足の付根からカテーテルを脳まで通すのも、血管を突き破らないか?デメリットや副作用は生じないのか??失敗しないのか???映像のCGを見ているのがドキドキでした。

 

脳梗塞は時間が勝負(脳の血管に血栓などが詰まることで血の流れがせき止められて、脳細胞が壊死する病気)ですが、メルシーリトリーバーの出現により、発症後の手術可能な時間が6~8時間が伸びたとのことです。

 

脳梗塞は、運動障害や記憶障害という後遺症や副作用だけでなく、死に至る可能性の高い病状。脳動脈瘤手術のコイル技術やサイバーナイフなど、細菌の医療技術の進歩は凄いなと思いながら、また最新の治療が受けられる病院の施設もホテルみたいで驚いた。

 

メルシーリトリーバーが受けられる病院も少しずつ増えていくようです。かかりつけの医者や病院も必要になる年齢です。

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク