トリコスポロン症状と対策

トリコスポロン症状と対策

夏風邪の せきの症状が続くときに、注意したいのが夏型過敏性肺炎(トリコスポロン)。夏型過敏性肺炎に”夏型”と名前が付いているのが、6~10月にかけて夏に起こりやすい症状のため。風邪の症状で、せきがずっと続く場合に注意したい病気は以下。

 

夏型過敏性肺炎(トリコスポロン)

咳喘息

肺炎(マイコプラズマ肺炎)

 

の症状を照らしあわせて疑ってみるのも良いかと思います。私は過去に風邪の症状を放置して死にかけたせいで、夏だけでなく冬も風邪の症状には敏感になりました。夏型過敏性肺炎(トリコスポロン)は認知の少ない病気ですが、発症は年間1000人は超えるようです。

 

トリコスポロンの対策は?

 

夏型過敏性肺炎(トリコスポロン)は普段から家の中にいる女性(主婦など)が患いやすいと言われている症状。その理由は、お風呂場やキッチン、台所、押入れ等に繁殖するトリコスポロンというカビによるアレルギー性の肺炎のため。カビの多い家の中にずっといる人は危険信号。

 

また、トリコスポロンというカビはエアコンにも繁殖しやすいため、エアコンのフィルター掃除をマメにしたり、部屋の換気・空気清浄・除湿機を使うなどすることでトリコスポロンの対策になるようです。

 

夏型過敏性肺炎(トリコスポロン)の”夏”には、エアコンをフル活動することも原因のようです。また、フル活動しているエアコンを、夏の暑さのせいで換気を怠ることも夏型過敏性肺炎(トリコスポロン)の原因かもですね。

 

1週間に1度くらいでカビを取り除く掃除や、室内を湿気まみれにしない対策。また、押入れや洋服ダンスは すのこや除湿剤を活用することが、夏型過敏性肺炎(トリコスポロン)の対策としては有効なようです。

 

私は過去に、風邪の症状で せきが2週間以上も続いて、肺がしぼむような感覚の息が出来ない症状になった。呼吸がしづらい乾いたようなセキが夜中の間、ずっと止まらなくなって眠れないし、そもそも呼吸困難で死にそうになったので病院の呼吸器科を受診。

 

緊急で夜に病院にも行きましたが、その時には応対できる医者がいなかったので、咳止めの薬か何かを貰ったのかな?ちょっとウル覚えですが、咳止めの薬なんて全く効果がなく、症状は悪化する一方。咳をすることで、よけいに咳が出やすくなるという悪循環。食事も飲み物も咳が邪魔で出来なくなったりする。

 

その時は、夏型過敏性肺炎(トリコスポロン)ではなく咳喘息ということでフルタイドというステロイド吸入で治しました。『肺炎や喘息で息ができなくて死にそうになる』という体験をして、それからカビやホコリに神経質になった。夏型過敏性肺炎(トリコスポロン)もステロイドで治すようですね。

 

今まではカビやホコリを舐めていて、肌や美容のために加湿器をフル稼働していましたが、加湿のしすぎも良くない。今では少し風邪が長引いた時の咳の症状でも不安になる。冬なら咳喘息(寒かったり、夜間に咳が続く)、夏なら夏型過敏性肺炎(トリコスポロン)を疑う。

 

ここ数日が忙しかったせいか、少し風邪気味で咳が出るので夏型過敏性肺炎(トリコスポロン)に注意したいなと思ってクーラーのフィルター掃除。タバコを吸う友達が家にお盆休みに遊びに来たので、タバコの煙も原因なのかな?と思ったり。

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク