冷房病で頭痛

冷房病で頭痛

今年の夏は、連日35℃超えの猛暑が続いています。ついつい室内のクーラーの温度を下げがちで、街中も節電の夏ではすっかりなくなっている状態なので冷房病の予防や対策が必要。梅雨・低気圧の時期の頭痛を過ぎて、次は冷房による頭痛対策の日々。

 

私の場合は、冷房病による頭痛が多い。日射病・熱中症による頭痛もありますが(血管が拡張する頭痛)、クーラーで体を冷やした場合の筋収縮性頭痛に外出時になりやすいです。冷たい空気が筋収縮性頭痛の原因なので、室温は28℃、クーラーの風向きに注意をして頭痛対策をしていますが、外出先で温度管理や対策は難しい。

 

冷房病(クーラー病)での頭痛対策は自律神経を整える

 

冷え性の人は冬など寒い時期は予防・対策がバッチリですが、意外と夏の外気と室内の寒暖差によって体調を壊してしまう。夏場に体調を崩してしまうと、体力を消耗してしまうので治し方が難しくなる悪循環にもつながります。

 

夏場のバーゲンセールでは、春物のカーディガンが投げ売り状態の激安価格で販売されているので、鞄に1着入れておくと冷房病の頭痛の予防・対策に効果的。冷たい空気に当たらないのが一番の頭痛対策。最近は女性だけでなく、男性でも夏に上着を持ち歩く人が増えています。

 

肉や魚、豆類など体を温めるタンパク質を摂取すると体内の熱生産が行われるのですが、若い男性だと不摂生、女性だと過剰なダイエットにより、冬場だけでなく夏場にも冷え性になる人が増えているようです。子供や高齢者だけでなく、若い人にも冷房病の症状は注意が必要。

 

冷房病の症状

 

・体の疲労感が抜けない

・首こり・肩こり

・体が冷えた状態が続く

・頭痛・腹痛・胃痛

・神経痛

・腰痛

・便秘・下痢

・頻尿・膀胱炎

・鼻炎

・女性の方は月経が重い・月経不順・生理不順

・めまい

 

冷え性ではない人でも、体力の温存・回復のために体を冷やそうとした結果、逆に体調が悪化してしまう冷房病が夏場は厄介です。夏にだけ頭痛になる人は、冷房病からくる頭痛を疑ってみても良いかもしれないです。

 

また、冷房をつけることで、室内は乾燥してしまう。空気が乾燥することで喉が痛くなり、また細菌を繁殖させるため風邪を引きやすくもなる。これまた頭痛の種。

 

冷たい食べ物や飲み物で胃腸の不具合は注意する人も多いですが、頭痛も厄介な症状です。暑いからといって薄着で寝るのも翌朝に頭痛になりやすいので良くない。クーラーで室内の温度を保ち、朝起きる時に首や肩、お腹が冷えていない睡眠環境を作るのも冷房病の頭痛の予防・対策にです。

 

冷房病は自律神経の乱れからくる症状が多いので、自律神経が乱れない生活をするのも大事。規則正しい食事や運動、睡眠をすることで、自律神経も整いやすく、冷房病の予防・対策になります。ストレスを避ける事も大事な頭痛対策です。

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク