頭皮のかゆみ薬

頭皮のかゆみ薬

ここ2週間ほど頭皮がかゆくて仕方がなかった。夏の日差しのせいで日焼けでもしたのかな?とか、夏の気温のため汗をかいているせいかな?と思っていたが、秋や冬の乾燥時期にも同じような頭皮のかゆみを経験したことがあるので、しばらく放置(今までは薬を使わず放置していたら治ったので)。

 

ただ、やっぱり夏のせいか汗はかく。そのせいで頭皮のかゆみが治らずに続くので、ようやく病院に行ってきました。もちろん皮膚科。頭皮の状況を見て病院の先生が言ったのが、『寝不足やストレスはありませんか?』ということ。

 

不潔・汚い状況や乾燥などが頭皮のかゆみの原因だと思っていたので、まさか寝不足をどんぴしゃで当てられるとは思ってもいなかった。まぁ、大体はストレスって言われたら思い当たる節がみんなあるだろうけど。

 

夏の寝苦しさと家庭の事情でここ2週間ほどリアルに寝不足が続いていたし、普通に睡眠薬を飲んでいたくらい。口の中は口内炎が出来ていて、疲れてるんだなと自覚もしていたし、サプリメントやドリンク剤を薬代わりとして飲んでいた。

 

医者から、ストレスが頭皮のかゆみの原因だと思うし様子見してくれと言われ、薬を処方してもらった。アトピーなど酷い皮膚の状況の人も、環境を変えてストレスが無くなったら一気に改善したという人もいますし。

 

私も20代真ん中に軽度のアトピーになった経験がある。当時、治らないストレスでさらに悪化という悪循環のケースだった思い出。ストレスや寝不足で肌が悪くなるというのは納得。頭皮のかゆみも、体から休めというサインだし、のんびりするのも薬の一つですね。

 

頭皮のかゆみの薬マイセラ画像

頭皮のかゆみ薬

 

病院の皮膚科で処方してもらった薬はマイセラのローションタイプ。『劇』という字が相変わらず怖い。体に湿疹が出来るといつも処方される薬がマイセラで、そのローション版。頭皮なのでベタつくマイセラは塗れないためサラサラの液体。

 

アルコールが入っているので、頭皮のかゆい部分の傷が深ければ痛みがあると言われたけど、その軽い痛みが効いてるなと効果を肌で感じて心地よかった。メントールのシャンプーみたいで、夏だから爽快(笑)。

 

マイセラはステロイドホルモン剤なのでネットでは嫌われる薬なのかもしれないけど、肌が弱くてよく発疹や湿疹、かぶれができる自分としては、即効性があってすぐ効果が分かる・患部が治るのでステロイドホルモン剤は好き(最初はネット情報の副作用のデメリット部分を見過ぎて怖くて、病院で処方されても使わなかったけど)。

 

ステロイドの薬は、パッと使ってすぐ使わなくするという方法さえすれば副作用もほぼ無く、安心な存在になっている。2日間マイセラローション薬を頭皮のかゆみに使ってみた。

 

あっという間に頭皮の痒みもなくなり、やはり病院に行くことがストレスのない簡単な治し方ですね。早めに皮膚科に行っておけば良かったなと後悔するのもいつものことです。

 

どんな病気でも、悪化するまで病院に行かない。病院の処方薬は市販の薬よりもやはり強力で安いですし、頭皮のかゆみがある人は、皮膚科に薬を貰いに行くのがオススメです。今回もネット情報だと、頭を洗い過ぎで頭皮の皮脂が乾燥してるからかゆみの原因という人もいれば、頭皮が不衛生だから洗えという意見もあった。全く逆の意見がいっぱいあるから、ネットよりも医者!

 

ちなみに、足にも発疹が出来ていたので通常のマイセラ薬も処方してもらった。顔以外ならどこにでも使える薬らしく、ちょっとした日焼けにも効果がありますよと言われた。でも、ちょっとした日焼け程度にはステロイドホルモン剤はまだ怖い気もする。薬も使い方次第でしょうかね。

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク