こがしルーレ

こがしルーレ

スッキリを見ていると、全国ご当地スイーツの旅in三重ということで、三重(伊勢)に近々行こうと思っていたので嬉しい企画だった。その中でも一番気になったのが、こがしルーレというお菓子。

 

こがしルーレとは?

 

伊勢といえば赤福ですが、個人的にカリントまんじゅう以外のアンコは苦手。洋菓子のほうが好きなのですが、伊勢にはカンパーニュという地元のフランス料理店が作ったテイクアウト専門のスイーツ専門店の こがしルーレが人気とのこと。

 

こがしルーレは、一見はロールケーキのような感じ。クリームたっぷりで、表面を少し焦がしたスイーツで、1個200円とお手頃な値段。伊勢でも行列が出来ているほど人気のお菓子らしい。確かにロールケーキを焦がすという作り方も今までなかった気がする。

 

こがしルーレは、ケーキ部分もふんわりしていて、焦がしているから大人っぽい苦味もあるようで、キャラメル部分は食感もパリパリして美味しいとのこと。

 

こがしルーレの作り方レシピとカソナード

 

こがしルーレ風の作り方レシピが簡単に紹介されていたのでメモ。まずは、普通に生クリームとカスタードクリームを入れたロールケーキを作る。表面にカソナードをまぶして、ガスバーナーで表面を焼く。焼くことで生地の表面の乾燥を防げるのもあり、キャラメルコーティングになります。

 

ちなみにカソナードとは、サトウキビから作った赤砂糖。カソナード、初めて聞く名前ですが、今度探してみようかなと。こがしルーレは、毎日、出来立ての店から直送。

 

すると行列が出来て売り切れるという状態。こういう一つのものを作り続けて繁盛する店、羨ましい。でも、簡単にレシピ紹介しちゃっていいのかな?って感じだけど。伊勢に行ったら、こがしルーレに挑戦してみたいなと。1日500個売れるんだって・・。

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク