ジャパンズネクストビューティーの感想

ジャパンズネクストビューティーの感想

スカパーのFOXでジャパンズネクストビューティー(Japan’s next beauty)という番組が始まった。ジャパンズネクストビューティーは、『全国から集められたスター候補者からトップを選ぶ』という形式のオーディション番組。色んな意味で面白い番組が始まった。

 

FOXお得意のオーディションリアリティ番組の日本版なので、かなり楽しみに放送日を待っていたのですが・・。第1回目のジャパンズネクストビューティーの感想は、何も高揚感の上がらないオーディション番組が始まってしまった・・という感じ。ライバルと火花をちらすという設定は、日本じゃ難しそう。

 

アメリカン・アイドルやXファクターという本家のアメリカ・イギリスのオーディション番組を見ているせいで、日本人の戦意むき出さない感じに、やっぱり日本人は性格が良いなぁ~と、逆に好感度を持っちゃったし癒された。そういう狙いではないハズ・・。

 

全体を通して、スター候補者の雰囲気はほのぼのとヌルい状態で、逆にどうなるんだろ?打ち切り大丈夫なの??と初回の放送から感想を持ってしまった。まぁ、第1回目なのでしばらく様子見をする。

 

たぶん、私と同じようにジャパンズネクストビューティーを怖いもの見たさの気持ちで次回も見る人も多いと思う。何回分か撮りためて、まとめて見るほうが良いかもだけど・・。

 

オーディションリアリティ番組なので、お気に入りの女の子が出来れば、これまた面白さは増していくだろうしねぇ、今後の展開に期待したい。日本版の実験的な番組ですしねぇ。

 

スター候補者からトップを選ぶということなので、ネクストトップモデルみたいに、モデルを選ぶオーディションというわけでもなさそうだし、歌手を探しているわけでもない。女優でもモデルでもタレントでも、とりあえず何かに秀でている人を磨きながら輝かせるって感じっぽい。

 

意外と個性の少ない人ばかりが最終候補生として残っているので、プロの方から見ると磨きやすい人たちなのかな?そこら辺のプロの仕事と、候補者たちの変身具合は楽しみでもある。

 

ジャパンズネクストビューティーの番組の内容を感想とともに軽くネタバレがあります。ネタバレが苦手な方は感想を読まないようにお願いします。

 

突然集められた候補者たち。そのジャパンズネクストビューティーの候補者のもとに物々しいバスが到着する。日本人なのでもちろんリアクションが低い。バスから本田ヒカル(ピカ子)さんというメイクアップアーティストの方がスカート姿+ダブルピースで登場(撮り直したほうが良かったと思う)。

 

ちょっとざわつく雰囲気から、本田ヒカルさんとサポート役の神山まりあさん(2011年ミス・ユニバース・ジャパンの方)がいきなり上目線的に話を始める(ピカ子さんは性格的に大丈夫なんだろうけど、神山まりあさんは無理して作ってる感じが見え隠れして良い人そうでした・・)。

 

『ジャパンズネクストビューティーの候補生です!』と伝えるも、物凄く反応が薄い。これがアメリカン・アイドルやXファクターなら参加者が叫びだしたり泣き出したりするんだろうけど、日本人はほのぼのしてる。脱落や優勝争いの頃にはまた変わってるかもですけどねぇ。

 

ピカ子さんが戦意を剥き出しにさせようとするも、全く温和な候補者たち。サクラや捏造、やらせ、演出が全くないんだろうと逆に安心できるレベルに和んでいる日本女性。美人は心も穏やかで良いねぇ~とか思いつつ。

 

バスに乗り込む候補者メンバー、到着するのは米軍キャンプ。米軍キャンプでこれから色々とプログラムを受けるようです。そこで登場したのが赤いキャットスーツを着た藤原紀香さん。

 

赤い。そして、少し腰回りが緩いサイズのキャットスーツ。こんな藤原紀香さんはジャパンズネクストビューティーでしか見られない。それくらい気合の入った登場方法と出で立ち。

 

ヘリコプターからの登場が、峰不二子を狙ったのか?と思わせる感じで、色々と思うところがある登場シーンだった。藤原紀香さんの髪型もガッチリとビューティーな感じで、もう一般的な自分には評価は分からないレベル。とりあえず、色々と目が離せない。youtube動画でもアップされそうなので、興味のある人は見て欲しいなと。

 

ジャパンズネクストビューティー、FOXで放送があるからアメリカン・アイドルやXファクターと比べてしまうから弱いけど、民放だったら結構センセーショナルな感じだった気がするのが惜しいし残念。藤原紀香さんの登場シーンなんて、絶対にツイッターで拡散からの まとめサイト行きだったのに・・。

 

とりあえず、見応えだけはたっぷりの1回目の感想でした。引き続き視聴を楽しみます!

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク