麻布かりんと名古屋に!

麻布かりんと名古屋に!

”あの、麻布かりんとが6月12日(水)、ついに松坂屋名古屋店にオープン!”というチラシをゲット。”あの、・・”とは どの??と思ったが、松坂屋のデパ地下に入るということは、美味しいかりんとう屋さんだろうと思って行ってみた。東京では有名なんでしょうね。麻布かりんと、初めて聞きました。

 

麻布かりんとには、色んな種類のかりんとが販売されていた。黒糖やピーナッツ、そば系のかりんとうなら食べたことがあるが、紫芋や牛乳、豆乳、メープル味など未知の味付けのかりんとうもいっぱいあって、50種類くらいあるようです。

 

どのかりんとうを購入しようかと考えて店頭を見ていたら、”こがし黒糖かりんとまん”というのが販売されていた。ちなみに、1日限定50個は、金粉が付いているかりんとまん があったらしいが、夕方に行ってみたのでもちろん売り切れだったのでしょう。

 

麻布かりんと名古屋栄松坂屋のかりんとまん

麻布かりんと名古屋栄

 

麻布かりんと松坂屋

かりんとうまんじゅうが好きなので、麻布かりんとの売りとも言える色んな種類のかりんとうは無視して、かりんとまん をとりあえず6つ買ってきた。来週から歯の治療が始まるので、それが終わってから色んなフレーバーのかりんとうを攻めようかなと予定です。見た目は横長の可愛い形。

 

麻布かりんと かりんとまんは、フワフワという感じで、これまで食べてきた かりんとまんじゅうとは全然違う感じ。中のアンコも甘すぎずで量も多く美味しいのですが、個人的には外側のカリカリを期待していたので残念な部分もあり。まんじゅう好きの人は美味しいと思います。

 

とりあえず食感を何とかしたいので、凍らしてみたり、焼いて食べてみたりと、カリカリにしてみようかなと。食パンでも何でも、焼き過ぎてカリカリしているものが好きなので、完全に個人的に好みですが、最近の かりんとうまんじゅうからすると物足りない味の気がした。普通の柔らかい感じが好きな人なら、コクがある美味しい饅頭だと思う。

 

次回は、麻布かりんとの本命の色んな種類のかりんとを試したいなと。カプチーノとかアップルパイ、生姜ミルク、温州みかんとか、甘い物が苦手気味の人にもプレゼントしやすいかなと。竹炭や唐辛子味噌、ネギ味噌、きんぴらごぼう味とか、もはやおつまみレシピ。

 

自分で食べるには高いけど、お呼ばれで持っていくのには調度良い値段だし、名古屋は松坂屋か三越の紙袋だと喜ばれるみたいだし。まぁ、今回は麻布かりんとのお店の紙袋を貰いましたが。

 

名古屋の栄付近、すっかり夏の暑さ。気温も35度行ったとか。久屋大通とか栄の道も、いつもより人が少なかった気がする。さすがに松坂屋名古屋店のデパ地下には人が多かったので、みんな暑さから逃げこんだ感じ。松坂屋のデパ地下がどんどん変わっているのが楽しい。大須は平日なのに人が多かったな。

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク