ゲイの友達の死

ゲイの友達の死

私は以前、毎日電話するくらい仲の良かったゲイの友人がいます。そのゲイの友達は当時、親に結婚をしろと言われ実家に連れ戻され、田舎の家業を手伝わされ始めていました。毎日の電話では、親とケンカして家を飛び出しただのの愚痴ばかり。

 

酷い日には1日3回くらい電話がかかってきて、ある日、『もう、結婚しようかな?そのほうが楽かも・・』という言葉を言いました。お見合いもさせられていたらしいです。

 

その言葉があった後も2週間くらい毎日電話がかかり続け、ある日を境に全く連絡がなくなりました。私自身、毎日の電話に疲れていたのと資格の勉強で忙しかったのもあり、またしばらく経てば連絡が入るだろうと考えてしばらく放置していました。

 

電話の内容は普通に、どの芸能人が格好良いとかデートしたいとか、田舎だからゲイに出会えない!など本当に他愛のない話でした。

 

しばらく放置していても連絡がないので、『ノンケに戻ろうとしているのかな?それでゲイの私に連絡を控えているのかな?』と軽く考えていました。しかし、あまりに連絡がないので、3週間くらい経ってからその友達に連絡を入れてみました。確か、普通に電話は繋がらなかったと思います(うろ覚え)。

 

連絡先を変えることで、完全にゲイから抜けようとしたのだなとその時は本当に考えていました。ゲイをヤメるというのは、自分の生きていた人生を否定するようなものですから、かなり強い意志がないと出来ないものだろうし、それが彼の結論だったのだろうなと思って、悲しいけれど深く追求するのはヤメようと諦めました。いつか彼からまた連絡が来るといいなと考え、待つことにしました。

 

それから半年くらいして、急に別の友だちから連絡が入って、音信不通になっていた友達が半年前に死んでいたことが分かりました。死んでしまった友達と僕に連絡をくれた友達はゲイバーの店子(ゲイバーの店員さん)をしていたので、そこのママさんから情報が入ってきたとのことでした。

 

ゲイバーのママさんも急に連絡が取れなくなった友達を心配して探し続けたみたいです。友達が家に連れ戻されるキッカケはゲイバーに努めていたのがバレたからだったので、ママさんも悩んでいたみたいです。ママさんは実家の連絡先を聞かされていたので、それで分かった。

 

急に連絡が来なくなった理由は、ノンケに戻ったのではなく、死んでいたんだと聞いて辛かった。でも、何となくまだ腑に落ちなかったので色々と調べてみた。死んでしまった友達は苗字が珍しく、実家の仕事も凄く変わったことをしているので、ネットで情報が出てきました。

 

そこでの掲示板を遡って行くと、友人に対して『若いのに勿体ない。ご冥福をお祈りします。』というような内容がいくつもあって、死んでしまったことは事実だったんだなと知って残念でした。恐らく、直前まで話をしてた後に、何らかのかたちで死んでしまったんだろうなと。

 

掲示板には死因は書いておらず、事故だったのか、自殺だったのかも分かりません(事故っぽいニュアンスが書いていた気もするのですが、自殺だったとしてもそれを大々的には言えませんし)。ただ、当時の友達の心理状況は自殺するような感じではなかった(当時の電話でも言動は普通でしたし)。

 

突発的に車を走らせて家出をするような衝動性の強い友達だったので、ひょっとしたら事故なのかな?思っていますが・・。毎日の電話も車に乗りながらかけてきて、『危ない!ぶつかりかけた!人を轢きかけた!』みたいなことを言っていましたし、運転が下手という印象はありましたから。

 

ゲイの友達が死んでしまった場合、本当に連絡がつかなくなるのが怖いなと思った事件でした。今、本当に仲の良い3人のゲイ友達の電話番号は、親に伝えてあります(もちろんゲイだというカミングアウトはせず、友達ということにしています)。その3人にさえ伝われば、私が急に死んでもある程度のゲイ友達にはすぐ伝わると思うので・・。

 

職場や同級生の友達が死んでしまった場合は、仕事先や学校関係から連絡が入るけど、ゲイの友達の場合は本当に分からない。仲の良い友達は本名を知っているけど、軽い繋がり・浅い友達だと苗字どころか本名も分からない人もいるし、難しいところだなと思います。

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク