ワンピース71巻は?

ワンピース71巻は?

ワンピースを今回もコンビニで購入。コンビニだと単行本の発売日の前日の朝には購入できるので、最近はめっきりコンビニ派です(コンビニでも、発売日には透明のフィルムをすればいいのにと思うけど)。

 

※追記
ワンピース71巻が発売されました。
 
⇒ワンピース71巻の感想日記です。
 

以前はワンピースなどの漫画は通販が便利だと思ってたけど、すごく遅延した日があり、それから朝にコンビニ行くのが恒例行事。

 

内容も相変わらず面白かったので、ワンピースの70巻の感想や71巻の発売日などを書こうかなと。感想にネタバレを書いてしまうことがあるので、ネタバレが苦手な方は読まないでください。

 

ワンピース71巻の発売日と感想

 

ワンピース70巻の表紙は、ジョーカーことドフラミンゴが目立つ黄色い表紙で見つけやすかった。前方にルフィとトラファルガー・ローの同盟コンビ。ワンピース70巻でパンクハザード編は完結して、ドレスローザに到着するシーンで終わるという、71巻を待つのにちょうど良い終わり方でした。

 

ワンピースの表紙

IMG_0127

 

ちなみにワンピース71巻の発売日は8月の予定のようです。尾田栄一郎先生が病気でジャンプを2週休むというアナウンスがあったのに、発売日は8月ということは、71巻じゃなくて72巻の発売日に影響が出そうですね。

 

70巻でまたワンピースのスケールが広がったので、ゆっくりで良いので健康に気をつけて、面白くて長編を描き上げて欲しいなと思う。

 

70巻では新時代のルーキー達がようやく動きだす巻。四皇を倒すというのがルーキー達の同盟の狙い(ルフィ+トラファルガー・ロー、キッド+オンエア+ホーキンス)。68巻、69巻、70巻あたりは、ルフィの海賊団よりもトラファルガー・ローやスモーカーが主役に感じるキャラ立ち。

 

スモーカー!!ヤバイ!!と思った瞬間に出てくるのがクザン(青キジ)。もう、ワクワクが止まらない。これがまたルーキー達とどう絡んでくるんだろうねぇ。

 

あと、最近の魚人島やシーザーとかボスが弱いなと思っていたところだったので、ドフラミンゴには期待。ドフラミンゴが久々に別格風なキャラクターなのも、ワンピース71巻から楽しみの一つ。あと、ナミやウソップも本当に強くなった。

 

ナミ『戦意を失い遠くにいる敵なら怖くないのよ!!』

ウソップ『しかも手負いで背を向けた敵なら任せろォ!!』

 

のシーン(シーザーを助けだしてベビー5とバッファローが逃げるシーン)がワンピース70巻での一番お気に入りのシーン。強くなったものの、キャラ設定は守ってくれるシーン。

 

お気に入りキャラだったモネが死んじゃったのが残念でしたが、新たに萌えキャラのベビー5ちゃんに71巻からは期待。女性キャラの絵の書き分けは尾田先生はパターンが少ないなと思うけど、性格の書き分けは多彩だなと思う。ありそうで無かった愛らしいキャラクター。

 

フランキーメカを見た男たちが歓声を上げて、ナミやロビン、たしぎ等の女性陣が全然ロボに興味が無いシーンも笑った。フランキーがもはや何でも屋みたいになってきている。みんなが強くなりすぎて、サンジが料理とお笑い担当になってるしねぇ。

 

ワンピース71巻の発売日がまた発表があれば、詳しい日時を追記したいなと思っています。

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク