オーバーナイトダイエットの効果は?

オーバーナイトダイエットの効果は?

今、アメリカではオーバーナイトダイエットというのが人気になっている。人気になるダイエット方法は、手軽で続けやすいというのが多いですが、オーバーナイトダイエットはまさにその通りのダイエット方法。

 

人気に火がついていることから、オーバーナイトダイエットの効果やデメリットなども色々と言われているようです。

 

オーバーナイトダイエットの方法と効果は?

 

オーバーナイトダイエットのやり方は簡単で、週の最初に高タンパクスムージーを摂取する。そして、残りの6日間は高タンパクな食事を続けていくという方法。

 

この食事方法と一緒に、8時間たっぷりと睡眠を取るというのがオーバーナイトダイエット方法。日本でも炭水化物抜き・炭水化物を減らすダイエットなどが人気ですが、やり方や効果なども近い感じですね。レシピ集などもかなり売れているし。

 

睡眠時間が長い人は肥満になりにくいというのは色々な研究結果であります(睡眠時間が減ると、満腹感を感じるホルモン・レプチンが減って、空腹を感じるホルモン・グレリンが増える等)。

 

お腹が空いてしまえば、寝てしまえばいい!というのは、昔から言われているダイエット方法ですが、オーバーナイトダイエットにも近い方法ですね。

 

食事制限をかけると、どうしても健康的に痩せるというよりも やつれるという形になって、リバウンドしやすくもなる。運動はなくても痩せると謳っているが、個人的にはオーバーナイトダイエットに運動は追加したほうが良い気がする。

 

オーバーナイトダイエットの方法だと、最初に落ちるのは水分と塩分だという指摘もあるようで、やはり”運動もいらない”というダイエット方法は、危険やリスク、デメリットや副作用なども心配になるなと感じます。

 

ただ、睡眠時間が多いのは(8時間くらい)健康効果が高いとも言われています。若返りホルモンも分泌されますし、最近では”お肌のゴールデンタイムは寝ろ!”みたいな風潮。

 

とは言え、ゴールデンタイム(22時~2時)に寝られる人は少ないし、オーバーナイトダイエットの効果を得られる8時間という長時間を寝られる人も少ない気もする(時間的にも体力的にも)。

 

睡眠不足だと太るという研究結果もあることだし、痩せたい人はなるべく早く・長く眠る。炭水化物よりも高タンパクなものを摂取して、筋肉を落とさずに脂肪を燃焼させる。やはり運動の効果も必要なのかな?と思う。というか、運動すればダイエットに相乗効果がありますよね。

 

運動で疲れると、睡眠の質も上がる。なるべく寝る直前の運動ではなく、昼でも夕方でも、少し体を動かしておけばオーバーナイトダイエットの質も上がるのかな?と思います。

 

ダイエットよりも、下腹のぽっこりが気になるので、オーバーナイトダイエットを頭に入れつつ、効果を試してみたいなと考えています。成果が出たらいいな。オーバーナイトダイエットは、合う・合わない人もいると思うので、メリットやデメリット、リスクや副作用を考えた方法が効果的かなと思う。貧血気味の人とか、やっぱり食事はバランス良く必要だろうしね。

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク