食塩非感受性

食塩非感受性

最近は、どこもかしこも減塩や低カロリーのブーム。減塩の料理レシピ本や低カロリー・カロリーオフのものが多い。トクホと書けば馬鹿売れする、健康志向の人が多くなった。

 

血圧が気になる人は、減塩や塩分をカットされたものを使いたくなるようですが、そもそも塩分を控えても血圧が下がらない人も多いようです。食塩感受性と食塩非感受性というタイプがいるようです。

 

食塩感受性と食塩非感受性

 

日本人の4割が塩分によって血圧が上がるというタイプの人がいますが(食塩感受性タイプ)、実は6割の人は塩分によって血圧が上がるという訳ではないとのこと(食塩非感受性)。

 

私は高血圧どころか、とんでもなく低血圧。下の血圧が80台を下回ることも多々あり。しかも女性ではなく男です。男で低血圧。だから塩分を摂取することで血圧を上げようと、昔から脳のほうがしていたのか、塩辛い食べ物ばっかりが好みです。

 

”自分の好みの食べ物=自分が一番必要としている成分”という話を聞いたことがあります。脳が一番欲しているものを、好みだと認識する。それを考えると、低血圧の私は自然と塩分を摂取することを脳から司令されていたみたいです。

 

ただ、ここ1年は体が元気ではないので低血圧もその要因かと考え、塩分をより多めに摂取していた。でも全然血圧が上がってくれない。食塩感受性が少ない食塩非感受性タイプなのかな?と。

 

減塩ブームですが、ある程度は体に必要なのが塩分ですし、食塩非感受性のタイプという場合もあるので、そういう方だと無理に減塩し過ぎて料理を楽しく食べられないと勿体ないです。

 

食塩感受性と食塩非感受性、病院で検査できるのか聞こうと思ったのですが、『基本的に低血圧の人は年齢を重ねるごとに高血圧になるので心配はいらない』と言われて、何の対処もされなかった。低血圧、それなりに悩んでいるのですが、関連書籍も少ししかないですし。

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク