頭痛にデパス

頭痛にデパス

ゴールデンウイークも始まって、いきなり普段よりハードなレベルで行動をしたら、夜から頭痛と吐き気に襲われた。頭痛といっても、肩こりや首こりから来る頭痛ではなく偏頭痛でした。光や音が気持ち悪いと感じる頭痛。

 

【昨日までの個人的な頭痛の治療方法】

 

・緊張型頭痛には冷えピタで暗い部屋にいる

・偏頭痛には頭痛鎮痛剤(ロキソニン)

 

少し無理をすると頭痛になるのは、体力が衰えている証拠だろうなと感じる。体質改善をするために、漢方薬でもまた始めるかなと考えていたところなので、漢方を出してくれる医者に行ってみようかなと。六君子湯などから始めようかと考えている。

 

最近は、半日程度、普通に遊びに行くだけでヘトヘトになってしまう。疲れが直接⇒偏頭痛という形になるので、疲労感を感じる前に休憩するか、ドリンク剤などを飲まないと後々大変なことになる。そして昨日が吐く寸前レベルの偏頭痛だったので、かなり苦しかった。

 

昨夜は偏頭痛が酷すぎて、マイスリーを多めに飲んで寝ようと試みたが、偏頭痛の痛みで眠ろうとする気持ちに持っていけず、マイスリーの量を増やしてもダメだった。

 

偏頭痛が進みすぎて、体がガチガチでストレスがたまっていった。偏頭痛+緊張型頭痛が同時並行になりはじめた感じがしたので、胃が弱いので苦手だった頭痛鎮痛薬を飲むことに。

 

頭痛鎮痛薬を飲んでしばらく様子見をしたのですが、それでも痛みがなかなか収まらない。偏頭痛よりも緊張型頭痛に移行したのかも?と思ったので、今度はさらにデパスを1錠追加。

 

デパスは震災のときに恐怖感が出たので、心療内科に少し通った時期にかなり処方されたのですが、なんとなく怖くて飲んでいないものが多く残っていた。デパスは依存性が高いとか何とかの記事を読みすぎて不安に。

 

ただ、体をリラックスさせたり緊張をほぐす肩こりにも使われる薬と知ってから、いつかそういう時に使ってみたいなと思っていた。デパスを飲み始めても、まだ少し痛みのせいで神経が高ぶったままなので、最終的にオデコと首筋の裏に冷えピタを貼ったら、偏頭痛の痛みが冷えピタの冷たさで感じなくなった。ひょっとするとデパスの効果があった時間と重なったのかもしれないですが。

 

普通の緊張型頭痛の場合はお風呂に入ったり、血行を促すことで痛みは解消されますが、偏頭痛は冷やしたほうが良いということで冷えピタ(冷えピタがなければ濡らしたタオル)をオデコに貼ると気持よくなる。冷え性のため、何となく冷えピタを避けていたのですが、さっさと貼れば良かったなと・・。

 

本当は、首の裏や脇の下を冷やすほうが体温も下がって楽になるのかもしれませんが、オデコに冷えピタを貼るのは”気持ち良い”という効果が感じやすいとテレビで言っていた。

 

それ以来、偏頭痛にはまずはオデコに冷えピタを貼り、それでも偏頭痛が続くなら首筋にも冷えピタを貼って様子見をしています。

 

【これからの個人的な頭痛解消法法】

 

・緊張型頭痛には冷えピタ+酷い頭痛にはデパスも併用

・偏頭痛には頭痛鎮痛剤(ロキソニン)

 

にしようかなと。偏頭痛に始まり、途中から緊張型頭痛もキタ感じだったので、もう久しぶりに色んな薬を飲んで胸焼けな朝かと思いきや、スッキリした朝で良かった。デパスが翌日に残らない体質らしいです。

 

鎮痛剤やデパスの効果もあるのでしょうが、冷えピタを貼ってからようやく神経をイライラさせることがなくなったので、気がついたら朝。偏頭痛で眠れない時は、まずその痛みのイライラ感を解消させると私には効果的なのかな?と気がついたゴールデンウィーク初日。

 

これから眠りにくい時期にも冷えピタ必須ですし、売り切れる前に購入しておこうかなと。参考にしてみてください。まぁ、デパスは内科とか最低でも病院に行かないと貰えないですけど。それに依存になることもあるようなので、注意は必要なので知識はつけてから先生に相談したほうが良いかと思います。

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク