若摘みりんご 効果

若摘みりんご 効果

ぶどうに抗酸化作用の高いポリフェノールが含まれていると人気で評判でしたが、なかなか皮が苦手と言う人も多かった(ぶどうの皮の部分にポリフェノールが豊富に含まれているため)。

 

世界一受けたい授業で、白澤卓二さんによると『若摘みりんご』にかなりのポリフェノールが含まれているとのことです。ただ、若摘みりんごはなかなか流通していないので、購入するには難しいのがデメリット。

 

若摘みりんごポリフェノール効果は?

 

通常、抗酸化作用と言えばカテキンなどが思い出されますが、緑茶に含まれている抗酸化作用カテキンに比べると、りんごポリフェノールは吸収率が高く、また強い抗酸化力があるとのこと(※女性セブンでの白澤卓二さんの記事)

 

りんごが好きなので、よく皮ごと食べている。わざわざ値段の高い抗酸化作用の飲むサプリメントなどを摂取しなくても、自然の果物を摂取することでポリフェノールによる美肌、シミ、しわの予防対策は出来てたようです。胃腸にも優しいので、風邪を引くと毎日でもリンゴを食べている。

 

ただ、普通のリンゴにくらべて若摘みりんごのほうが、リンゴポリフェノールの効能・効果が10倍以上もあるとのこと。このリンゴポリフェノールの効能の情報を知ってしまうと、通常のリンゴではなく若摘みりんごを食べたくなるもの。

 

ただ、楽天などの通販サイトを見ていても若摘みりんごなんて流通していない。通販サイトでの取扱い販売店が今のところ見つけられないので、普通のリンゴからのポリフェノールで我慢するしかない。

 

ちなみにリンゴも皮ごと摂取することでポリフェノールを効率よく摂取することが出来ます。リンゴをジュースにして飲むのでもよいですし、そのまま皮付きで食べるのも良いとのこと。りんごポリフェノールは、これから春の新しい季節へのストレスや、春夏の紫外線などにも効果があるようです。また、りんごポリフェノールを最大限に引き出すには、

 

・適度な運動(ウォーキング程度でOK)

 

・長寿遺伝子を活躍させるため、なるべく空腹で食べ過ぎないこと

 

も大事だと白澤卓二さんが仰っています。若摘みりんごが販売されているショップを見つけたらまた追記したいなと思っています。明日は名古屋に行くので、デパ地下でフルーツを見に行ってみようかと思っていますが、名古屋、京都、大阪あたりには売ってないかもですね。東京でも難しそうなので、若摘みりんごポリフェノール目当てに、青森旅行でもしてみるかな(笑)。

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク