チオスルフィネート

チオスルフィネート

たまねぎ氷の栄養効果・健康の効能が人気が出てきて、たまねぎ氷などのレシピが人気です。そんな たまねぎ、生で食べることも血栓を予防する効果があるのでオススメの食べ方のようです。

 

硫化プロピル⇒チオスルフィネート

 

たまねぎをスライスすると、硫化プロピルという成分があります。硫化プロピルは、生の玉ねぎに含まれている辛味の成分です。

 

その硫化プロピルを空気にさらすことで、チオスルフィネートという物質に変化する。チオスルフィネートには血栓を予防する効果がある。

 

チオスルフィネートの効果

 

・糖尿病の予防

 

・動脈硬化の予防

 

・血栓を防ぐ

 

という予防効果がある。なので、生のたまねぎを食べるときには、

 

・たまねぎをスライスして硫化プロピルを出す

 

・たまねぎを切ってから約15分ほど空気にさらす

 

・スライスした たまねぎのチオスルフィネートが多くなる

 

という方法で生の玉ねぎを食べるほうが血栓を予防する効果は高いようです。

 

たまねぎを水にさらしたり、熱を加えると成分が無くなりやすいので、チオスルフィネートの効果をより得ようとするには生で玉ねぎを食べたほうが良いようです。

 

まぁ、必要以上にチオスルフィネートを意識せず、いつも同じ調理法・レシピではなく、色々な方法で玉ねぎを楽しめばいいかなと思います。

 

生で食べる時だけ、水にさらさず空気にさらす!ということで、血栓を予防できるという豆知識メモです。テレビ番組で西村知美さんの健康方法として取り上げられていました。

 

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク