体温調節ができない!寒い!

体温調節ができない!寒い!

3年ほど前から、冷え性になってしまいました。ちなみに30代の男です。40~60代の女性なら更年期で体温調節が出来ないことが多いようですが、男性で冷え性はなかなか少ないようです。

 

冬に冷え性なのは仕方がないですが、特に春が一番ツライ。私の場合、体温調節ができないという症状が春に一番多くて、寒いのが原因で体調が悪くなる。

 

体温調節ができない・寒い

↓↓

足が冷える

↓↓

胃腸が冷える

↓↓

体がだるい・頭痛

 

というパターンが個人的に多い。もしかしたら、最初から胃腸が冷えているのかもしれませんが、まず体感するのは”体温調節ができないで寒い”という感覚。

 

それから2~3日くらい足が冷えるなと感じていたら、胃腸の調子が悪くなり、風邪を引いたり体がだるい・頭痛という症状になる。

 

春なのに寒いといのは、冬の間に体温調節の機能が少し働きが悪くなったのが原因のようです。冷え性になったせいで(病気から激やせしたら冷え性になった)、暖房やストーブ、電気毛布などをフル稼働している秋と冬。

 

体温調節ができない!寒い!の解消方法は??

 

・運動・筋トレ不足で筋肉減少・・第2の心臓と呼ばれるふくらはぎ(全身へ血流を送るポンプ機能)を鍛えることで、冷え性が改善される。特にスクワット、踏み台昇降などがお金もかからなくて効果的。

 

・自律神経失調症・・ストレスが原因で、体温調節がうまくいかない(寒い・汗をかく等)状態になる。ストレスを解消(運動・散歩・友人など遊ぶ)など好きなことをすることを心がけて、生活を楽しむことでストレス解消して、自律神経も整います。生活リズムを整えるのも必要。

 

・血管がドロドロ・・食事の偏りや運動不足などで血流・血液がドロドロで、血行がわるくなって体が冷えて寒いと感じる。食事や睡眠、運動、生活リズムを整えることで冷え性が改善される。

 

・締め付けの強い服・パンツ・靴下(女性ならストッキング等)を身に着けている・・低血圧の解消のために、締め付けの強い靴下を穿くと血流促進の効果があるとも言われていますが、そればかりに頼ると自分での血流改善・体温調節ができない状態に陥ることもあるので注意。

 

まずは、ふくらはぎの筋肉をつける運動から始めてみようかなと思っています。冬の間はあまり動かない生活になっていたので、春になったので頑張ってみようかなと考えています。冷え性で寒い・寒がりの人こそ外に出て行くのも大事かもですね。

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク