新田恵利の脳動脈瘤

新田恵利の脳動脈瘤

 

元おニャン子クラブの新田恵利さんが、主治医が見つかる診療所スペシャルで、脳動脈瘤(のうどうみゃくりゅう)があると診断を受ける。ちなみに新田恵利さんの年齢は45歳。

 

脳動脈瘤を持っていても、症状は基本的に無症状の場合が多い。その場合、無症候性未破裂脳動脈瘤と呼ばれる症状。脳動脈瘤が破裂してしまうと、くも膜下出血。くも膜下出血になった場合、

 

・1/3が死亡

・1/3が脳のダメージより重症

・1/3が軽傷から無症状で生活できるレベル

 

と言われていて、くも膜下出血の痛みはバッドで頭を殴られるレベルと表現されることが多い。ただ、脳動脈瘤を持っている人が必ずしも脳動脈瘤が破裂するわけでもない。

 

むしろ脳動脈瘤が破裂する確率が少ないため、脳動脈瘤を見つけることや治療するほうが精神的にもリスクが高いという見解もあるようです。

 

脳動脈りゅう 最新治療

 

クリップ治療よりも最近は進んだコイル塞栓術という脳動脈瘤治療がNHKで放送されるので、興味のある方は詳細を書いたので見てみてください。

 
⇒プロフェッショナル仕事の流儀でコイル塞栓術の番組日程など。
 

主治医が見つかる診療所で人間ドックなどの検査を受けて、症状を発表されるという人気番組。がん・ポリープなどが見つかれば早いキッカケがあって良かったと思いますが、脳動脈瘤の発見は微妙ですね。

 

脳動脈瘤が破裂して死ぬかもしれないというストレスや神経症、ノイローゼのように悩まされる無症候性未破裂脳動脈瘤の人も少なからずいるようですので、早期発見が必ずしも良い結果につながらないこともある。

 

元アイドルの新田恵利さんも、脳動脈りゅうが気になってしまうという生活になるかもしれないですし。病気や症状のせいで、精神的に潰れなければ良いですが。

 

新田恵利さんの脳動脈瘤がどの程度か、主治医が見つかる診療所をチェックしたいなと。脳動脈瘤は、40歳を過ぎる頃から基本的に心配すれば良いらしい。

 

私もアラフォーの年齢に突入したが、人間ドックなどを受けたことがないので心配になる。でも、新田恵利さんのように脳動脈瘤が発見されるというのもツライですね。健康も気にし過ぎると体に毒ですし。

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク