H7N9型にタミフル

H7N9型にタミフル

中国のH7N9型の鳥インフルエンザが猛威を奮うかもしれない緊張状態。

 

タミフルやリレンザに効果あり

 

国立感染症研究所が、H7N9型鳥インフルエンザウイルスには、タミフルやリレンザなどの季節性インフルエンザ薬が効くと発表したのでひとまず安心。

 

タミフルやリレンザの抗インフルエンザウイルス剤が効果があるなら今のところは特に問題もない。また、国立感染症研究所は、タミフルやリレンザとは別のH7N9型鳥インフルエンザウイルスワクチンの製造準備も進めるという朗報。

 

中国はH7N9型鳥インフルエンザウイルスだけでなく、黄砂やPM2.5など色々と予防・対策を打たないといけない状況になっていて、どこから手を付けたらいいのか分からない。

 

H7N9型鳥インフルエンザウイルスにはタミフルやリレンザという季節性インフルエンザ薬が効果あるというだけでも、一つの心配が消えてくれたので良かった。

 

タミフルやリレンザの副作用は?

 

タミフルやリレンザは、幼児や小学生などの子供に幻覚症状が出るという副作用や、高齢者でも頭痛やめまいなどの副作用が問題になった時期もありましたが、それほど副作用が頻繁に起きる薬でもない。

 

中国でH7N9型鳥インフルエンザウイルスのパンデミックの恐れを考えると、タミフルやリレンザは今回は本当に心強い見方です。

 

H7N9型鳥インフルエンザウイルスの感染ルート

 

H7N9型鳥インフルエンザの感染ルートは、

 

・鳥⇒感染⇒ヒト

 

・鳥⇒感染⇒豚(変異)⇒感染⇒ヒト

 

今のところ、人から人への感染の発表がないですが、中国農業省は、

 

『上海市内の卸売市場のハトからウH7N9型ウイルスを検出した』と発表

 

しかし、これがヒトへの感染経路になったかどうかはまだ特定されていない。ヒトからヒトへの感染がこれから発展してしまうのかが心配。

 

H7N9型鳥インフルエンザウイルスが、ヒトの鼻・のどで増殖した場合、せき・くしゃみでヒトからヒトへと感染してしまう可能性がある。

 

国立感染症研究所が、H7N9型鳥インフルエンザウイルスの患者からとったウイルスの遺伝子分析結果を発表し、H7N9型鳥インフルエンザウイルスにはタミフルやリレンザなどが効果あると発表してくれたので、日本という国に安心しようかなと、パニックにならないようにしたいなと思う。

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク