機能性胃腸症の薬が効かない?

機能性胃腸症の薬が効かない?

機能性胃腸症を患って数年、転々と病院をかえていますが機能性胃腸症の薬が効かない。病院で処方される薬が効かないので、色々な種類の薬を試してきた(薬が効かないというのは、完治しないという意味です。経過は良好です)。

 

今までに飲んできた機能性胃腸症の薬は(※途中から機能性胃腸症の薬とズレてきます。それと、私の体での効果なので、全ての人がそうだというのではありません)、

 

・ガスター・・私にはあまり効かなかった

・ガスモチン・・少しだけ効果があった

・ナウゼリン・・少しだけしか効かない気がした

・ドグマチール・・アカシジアで死にかけたました

・ロペミン・・個別の効果が分からない

・ポリフル・・覚えてもいない

・プリンペラン・・個人的に1番効き目があった

・ミヤBM錠・・腸の薬という認識

・ベンザリン・・あまり効果がなかった

・ビオフェルミン・・ほぼ関係ない

・マグミット・・便秘解消効果

・コロネル・・2番めに効果があったが腸の薬

・六君子湯・・3番目に効果があった

・補中益気湯・・少し効果があった

・ビアサン・・スッキリはする

・デパス・・別の意味で効果あった(精神安定剤)

 

などなど(※私の体の効果なので、薬ばかりは自分に合う合わないがあるとおもいますので参考程度でおねがいします)。機能性胃腸症関連で病院で処方して貰って飲んだ薬で思い出せるだけでこの程度。

 

漢方薬は調合されているので、かなり種類があるけど全く覚えていない。機能性胃腸症は慢性胃炎・胃下垂などストレスが原因で理由が分からないとされている。

 

機能性胃腸症に効果があるという薬もあると言われる薬もあれば、全然関係ない薬もある。その理由は、便秘が治れば機能性胃腸症は回復するかもしれないし、ストレスを解消すれば胃が働くかもしれない。腸内環境を良くすれば、腸の働きが良くなって機能性胃腸症は改善するかもしれない等の理由。

 

要するに、病院の先生もお手上げという状態。機能性胃腸症の薬が効かないのではなく、機能性胃腸症の薬がないため、色んな方向性から薬を試しただけのこと。

 

ただ、機能性胃腸症の治療薬がついに承認された。ハッキリと機能性胃腸症の治療薬と謳っている。その名前はアコファイド。ガスモチンに近い効果らしいけど、アコファイドという薬が効かないとなれば、機能性胃腸症はもう諦めます。

 

アコファイドは、アステラス製薬とゼリア新薬の共同開発によって出来た新薬。機能性胃腸症の患者は凄く待ちに待っていた。アコファイドで機能性胃腸症の薬が効かないとなれば本当に諦めます。

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク