鈴掛真さん(ゲイ)

鈴掛真さん(ゲイ)

笑っていいとものオネメンコンテスト(オネエのイケメンコンテスト)で、鈴掛真(すずかけしん)さんが出演していた。個人的には、ゲイ業界が笑われているという微妙な気持ちになりながらも、怖いもの見たさで見てしまう企画。

 

鈴掛真さんは、オネエ系イケメン ”佐藤健似!?高青年系オネメン” として紹介されていました。笑っていいとものオネメンコンテストに出演した際は、佐藤健さんよりもメンタリストのダイゴさんに雰囲気が似ていた。笑い方もメンタリストのダイゴさんと同じ感じに見えた。

 

鈴掛真さんは他のオネメンとは違い、普通の声のトーンで話し始めて、オネメンコンテストなのにオネエを誇張して出さないのでビックリした。これなら普通のノンケ(一般男性)として暮らしていけるし、わざわざオネエ・ゲイだとバラすことないのに・・と思って見ていた。

 

そしたら、鈴掛真さんは作家のようで、すでにゲイとしてカミングアウトをしながら活動している方でしたので納得。ちなみに鈴掛真さんのプロフィールは、誕生日が1986年2月28日で年齢は27歳。愛知県出身の歌人だとか。

鈴掛真さんのブログを読んでみると、最近ジャニーズのSEXY ZONE(セクシーゾーン)を好きになったそうで、それも納得。ジャニーズ系・可愛い系・キレイ系が好きなゲイに多い見た目(オネエ風)なだけで、そこそこ普通っぽい中身の方なんだなと(でも、笑っていいとものスタジオではタモリさんが一番タイプと言っていたけど・・)。

 

鈴掛真さんのツイッターを覗いてみると、『ゲイとしてメディアに出て行くのをストレート(のんけ・一般男性)の男から格好良い!男らしい!と言われるが、ゲイからは言われない不思議w』と呟かれていました。

 

オネエからしたら、ノンケっぽくメディアに出て行くのはゲイを売りにしている気がして褒められはしなさそう。ただ、ゲイを隠しながら生きているオネエじゃないゲイからは、『スゴイ!』『ありがとう!』という気持ちじゃないかな?と思う。

 

一般人と何ら変わらないような隠れて生きている普通のゲイは、ゲイバレが怖くて鈴掛真さんにリツイートなんて出来ないですしね。少なくとも私は、鈴掛真さんが勇気があってスゴイなと思うし、ゲイの印象・評価を上げてくれそうな人が出てきて嬉しいなと思った。

 

20代の頃は、カミングアウトして生きることが正しいのか?自分は本当にカミングアウトしたいのか?をよく悩んでいた気もしますが、30代になるとどうでもよくなってきた。40代になったらまた色々と考え方も変わっていくのかな?すごくまともな人もオネエやゲイに多いのも世間の人に伝わったらいいなと。

 

テレビでオネエ様達がゲイ業界のイメージを良くも悪くも複雑化しているのは微妙な気持ちになる。ただ、マツコ・デラックスさんだけは何やってもいい!!

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク