防煙フードの効果や使い方

防煙フードの効果や使い方

池上彰さんがテレビでオススメしていた防災グッズの一つに防煙フードがあります。防煙フードは、火災時に一酸化炭素などを吸い込んでしまうのを防ぐという緊急避難用の商品。

 

防煙フードの使い方や効果は?

 

小学生の時の避難訓練で、火事の時には火も危険だが、一酸化炭素を吸い込むことも大変だと習いました。水を湿らせたハンカチで口を覆って逃げる練習をしたものです。一酸化炭素を吸ってしまうと動けなくなってしまう。

 

防煙フードは、そんな一酸化炭素を防いでくれる効果のある防災グッズ。また耐熱性もあるため頭部の火傷などを防ぐことができる効果がある。

 

防煙フードの使い方は簡単で、フードを頭からすっぽりと被る形。防煙フードは、男性・女性・大人・子供・高齢者問わず使うことが出来る商品。子供用というのがあったほうがサイズ的にも良さそうな気もしますが・・。

 

6層構造になっているため、通常の煙でも約20分ほど効果があるとのこと。通販サイトで口コミやレビューを見てみても、実際に使っている人の口コミやレビューがないのですが(緊急避難用の防災グッズなので・・)、池上彰さんが薦めるので購入しておこうかなと検討中です。

 

防煙フードは、火災の時だけでなく地震のときにも使うことができる。大型の直下型地震だと、火事だけでなくガス漏れなどが発生することもある。そういう時にも防煙フードの効果が発揮される使い方。

 

防煙フードは軽くて保存も効くものが多い。防煙フードには、けむりフード、防煙マスク、スモークカットフードなどの呼ばれ方もして、通販サイトにも複数の種類があります。ほとんど使い方や効果は似ている。

 

実際には使い心地を試すに至らない状況のほうがありがたい商品ですが、いざ必要なときに使い方が分からないということになるのも困る。防煙フードの唯一のデメリットは、実際に試すことが出来ないこと。そんな状況にならないで欲しいですが・・。

 

池上彰さんがテレビに出ていたら、ついつい見てしまう自分がいます。

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク