ねじき蕎麦

ねじき蕎麦

人生の楽園で、兵庫県篠山市の”ねじき蕎麦・時夢館”が紹介されます。人生の楽園は、土曜日の6時放送。ねじき蕎麦・時夢館の回の人生の楽園は、3月23日に放送です。

 

ねじき蕎麦・時夢館とは

 

ねじき蕎麦・時夢館は、青年団で知り合った男性4人が、自分たちの居心地良くいられる場所を作ろうということから35年ほど前に月1万円を貯金したことが始まりで出来た蕎麦屋さん。

 

お互いの家でお酒を飲むことに居心地を悪く感じ”隠れ家”を作った友人4人の男たち。その隠れ家を昨年から蕎麦屋という店舗に改装したのが、ねじき蕎麦・時夢館。

 

藤本定一さんの所有する山を整地して、コンテナを置くという秘密基地。家族も大事ですが、友人と過ごす時間も大切にしている、まさに人生の楽園の姿です。

 

早期退職した藤本さんに蕎麦作りの趣味があり、蕎麦屋さんを開こうという話が盛り上がったところから、井戸水を掘ってみたところ、蕎麦作りにピッタリの水も出るという美味しい幸運。本当に楽園です。

 

そこからは手作りで、ねじき蕎麦・時夢館の開店に尽力。他の仲間は、大工の清水辰夫さん、劇団の美術担当の清水茂さん、トラックドライバーの前川一幸さん。

 

それぞれが、ねじき蕎麦・時夢館を作り上げる工事をしたり、知り合いに助けてもらったりと完成させた。自分たちの隠れ家が、他の人たちの憩いの場になるというのが楽しい。こういうセカンドライフを送りたいなと感じる。

 

ねじき蕎麦・時夢館の開店日や混雑状況は?

 

ねじき蕎麦・時夢館の営業日は、土日と祝日。4月以降、金曜日も営業する予定とか?ねじき蕎麦・時夢館の開店時間は午前11時~午後3時までと短めですが、4人の隠れ家に人がいっぱい押し寄せているようです。これからも口コミで人気・評判になっていきそうです。

 

新聞にも載って、今回はテレビで紹介されるため混雑しそうですね。今現在、予約を中止している状態なので、すでにマスコミの反響もかなりあるのでしょう。隠れ家のつもりが、いつのまにか行列の出来る場所になるかもしれない。

 

でも、そんな隠れ家も本人には嬉しいかなと思う。人の繋がりを最近は強く必要だなと感じている。数時間待ちという人気店になっても、のんびりとした雰囲気は変わることない気がします。いつか、ねじき蕎麦・時夢館に十割蕎麦を食べに行ってみたいなと思う。

 

ねじき蕎麦のメニューは、十割そば800円、大盛り1000円、黒豆のおにぎり300円(2個)とシンプル。兵庫県の篠山市は黒豆が美味しい産地です。藤本さんたち仲間4人は、今でも1万円貯金を続けているそうです。

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク