カカオブラザーズラボのチョコ

カカオブラザーズラボのチョコ

名古屋の栄にある松坂屋のデパ地下リニューアルに行ってきた。当初は買う予定もなかったチョコレートですが、カカオブラザーズラボ(Cacao Brothers Labo)の可愛い絵やコンセプトに釣られて、ついつい立ち止まることに・・。

カカオブラザーズラボの絵

 

カカオブラザーズラボの味などの感想

 

カカオブラザーズことチョコレート好きな3兄弟(アンディ・カカオ、フレデリック・カカオ、ナッティ・カカオ)が素材、味の驚き、発見、好奇心や遊び心を追求したチョコレートを作る。面白みのあるところが、カカオブラザーズラボのチョコの売りのようです。

 

店頭には、ペカンナッツ、キャラメルヘーゼル、黒胡椒豆、マカダミアナッツ、アーモンド、コーヒービーンズ、ジャイアントコーン、かきのたね、わさびかりんとう、チキンカレー、紫蘇(しそ)、アップル、パイナップル、チェリートマト、バナナ、チェリーという面白い味のラインナップその他・・。

 

カカオブラザーズラボは、メリーチョコレートカムパニーからのブランドのようなので、ついつい安心して、気がついたら購入してしまった。しかも松坂屋名古屋店が全国初のカカオブラザーズラボということで、先取りしたくてねぇ。

 

カカオブラザーズラボで選んだのは、チェリー・・。全くもって面白みのない味を挑戦してしまった。わさびかりんとうやチキンカレー、紫蘇を選べなかった自分が悔しい。

 

カカオブラザーズラボのチェリー味

カカオブラザーズ画像

 

私の前にカカオブラザーズラボで買い物していた男女のカップルは、一番面白そうな味を選びながら名古屋弁でキャピキャピしていた。

 

その時は安定感のありそうなチェリーを選んでいる自分のほうが正しいと思っていたけど、いざ家に着いてカカオブラザーズラボのチョコを取り出すと、チェリーの無難さにガッカリ感。

 

ラボという研究所で作られたチョコレート。好奇心や冒険心を持って食べるべきブランドのチョコレートなのに・・(そんなことは無いのか?)。

 

ちなみにチェリーのチョコレートは美味しい。名前の通り、文句のつけるべき味ではない。チョコの量を考えると、ちょっと値段は高い気もしましたが、チェリーチョコが食べたいときにはまた買いたいなと思えた。

 

一粒一粒の味がしっかりと濃いので、3粒くらいで満足できるので、かえって長持ちしそでした。お皿に開けたものの、また袋詰にもどしましたし・・。カカオブラザーズラボのショップが松坂屋に入ってるので、プレゼントやお土産にはすごく使えそう。

カカオブラザーズラボのチョコレート

 

今、カレーや紫蘇が気になって仕方がない。衝動的に味の確認程度で選んでしまったので、いまいち楽しめないカカオブラザーズラボのデビューになってしまった感想。まぁ、名古屋の松坂屋にあるのでまた近々買い物に行ったついでに挑戦してみようかな。

 

バレンタインデーのお返しのホワイトデー用のチョコレートや友チョコも一応は買わないといけないので、面白い味がネタになりそうなのでちょうど良いかも。カカオ三兄弟も可愛いしねぇ。

 

チョコレート大好き3兄弟が始めたチョコレート研究所(カカオブラザーズラボ)。名古屋に行く機会があれば楽しめるかと思います。松坂屋名古屋店本館B1Fのごちそうパラダイスのスイーツコーナーにあります。

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク