ガラスの中のアリスのクッキー

ガラスの中のアリスのクッキー

愛知県名古屋市中区にあるマツザカ屋のデパ地下が大幅にリニューアル中。松坂屋のデパ地下の改装に合わせて名古屋初店舗のスイーツ店も多く増えた。

 

そこで、ガラスの中のアリスというショップのクッキーが可愛かったので買ってみました。土日を避けて月曜日にデパ地下に行ったのですが、やっぱりまだまだ人が多くて混雑していた。ガラスの中のアリスの店の袋が可愛らしくて、男性より女性受けしそうですね。

 

ガラスの中のアリス アイシングクッキー(名古屋版)

ガラスの中のアリス アイシングクッキー

ガラスの中のアリス袋

ガラスの中のアリス店舗

松坂屋 ガラスの中のアリス

ガラスの中のアリス 店舗

まずは味を試そうと思って、エビフリャー(エビフライ)の可愛い?可愛くない?アイシングクッキーを購入。広告にあったような可愛いアイシングクッキーは売り切れていたので、ネタに走ってしまった。

ガラスの中のアリスクッキー画像

ガラスの中のアリスの名古屋店舗は、松坂屋名古屋店B1Fです。製造元は株式会社アンファン。1935年創業らしく、アンファンは意外と歴史のあるお店のようです。

 

飼い主でも食べられるペット用のお菓子や、高齢者でも食べやすいような おからを使った栄養素など機能性の高いお菓子なども作られているようです。

 

見た目で楽しませてくれるのがガラスの中のアリスのアイシングクッキーが特徴ですが、味もなかなか良かった感想。クッキーの味はシンプルですが、ポップな絵の部分(アイシングクッキーの部分)が食感が良くて美味しかった。苦手な人はいない安定感のある味。
⇒後半から栄の松坂屋のデパ地下情報です。
アイシングクッキーとは?

 

ちなみに、アイシングクッキーとは、卵白と砂糖で作ったクリームをデコレーションするものを言うようです。

 

松坂屋名古屋店のガラスの中のアリスの店舗に行っても、クッキーが冷やしてないので”なぜ??”と思っていた。アイシングクッキーというものを店員さんに説明してもらいました。

 

アイシングクッキーという名前から、冷やして食べるとか、冷やして作られたクッキーだと勘違いしていました。

 

ガラスの中のアリスの店員さん、会社さんに1つだけクレームというか注文というか・・。このクッキー容器、ちょっとつまみ食いをしようと思ったけど、プラスチックで取れない仕様は難ありな気がします。家でハサミを使わないと開けられなかったので・・。せめてヒモにして欲しいかな〜と。

ガラスの中のアリス 容器

自分で食べるのも良いですが、ガラスの中のアリスのアイシングクッキーは、お土産やプレゼント、子供も楽しめるなと思いました。美味しかったので、また名古屋の松坂屋に行った時に外のクッキーを選んでみようかなと。

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク