漢方薬と機能性胃腸症

漢方薬と機能性胃腸症

今から2年ほど前に漢方薬を飲み始めました。当時は、機能性胃腸症よりも体の消耗を
何とかしたかった。六君子湯などいくつかを混ぜた漢方薬をもらい、衰弱が改善.。漢方薬で症状が安定するとストレスも少なくなった。仕事も自宅でのパソコン仕事に変更。

漢方は高いですが、症状に回復がみられない方は、試してみる価値はあると思います。
漢方薬は即効性はないと言われますが、私はプラセボなのか1週間目から効果があった。まぁ、それも3ヶ月くらいで停滞。もう一つ上まで回復というのには時間がかかりました。

ちなみに私は漢方外来に通院。漢方外来だと好きなものを混ぜて処方してくれて、
保険適用なので安く済む。メリットだらけですが、混雑はしていることが多いかもです。近くに漢方外来があるか、ネットで検索するのをオススメです。

私は漢方薬を2年弱試してみて、今は再び西洋医学に戻して2ヶ月目の状態です。
西洋医学が合わなければまた漢方に戻す予定です。今のところ快方に向かっています。

漢方薬は、最悪の時を救ってもらったし、そこそこ安定感があったのですが、
機能性胃腸症を完治までには至れないのか?薬に対して免疫ができたのか?
と感じ始めるようになって、もう一度、西洋医学にトライです。
というか、西洋医学で機能性胃腸症の治療は試したことがないですが‥。
(何を言っているのか分からなければ、1つ前の記事を読んでみてください。)

もう一つ上の段階に行くために、違うことをしてみようと考え、西洋医学にトライ中。
正直、このまま行けば本当に機能性胃腸症が治るかもしれないという淡い期待を
感じるくらいに食欲もある。ブログを書いてみようと思う気力も、胃腸の調子が良いから。あと半年後には、急に誘われた外食に行けるようになりたいっていうのが目標です。

機能性胃腸症の治療で試した漢方薬

・ツムラ六君子湯エキス顆粒
・ツムラ補中益気湯エキス顆粒
・ツムラ生薬コウジン
・トチモトのショウキョウ

これに辿り着くまでに、他の組み合わせなども色々と試しました。
↓こんな感じで一包になるので持ち運びやすいし、飲みやすかった。

漢方薬

 

人参を入れると私は胃が痛くなることが多かったです。人によって合う合わないが

色々とあるらしいので、ピッタリくる漢方薬の処方に少し時間がかかりますね。
ただ、食前30分前に飲むというのが意外と面倒でした。

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク