快便習慣の方法

快便習慣の方法

便秘をしていると、腸の中にある便の間にガスが溜まるのでお腹のガス溜まりというのも分かりますが、便が出ている状態(便秘ではない状態)でも腸が不規則に動くことにより、ガスが溜まってお腹が張るという症状が起こる。快便の習慣が身につけることで症状も良くなります。

 

お腹にガスがたまる原因は、精神的なストレスなどが関係していて、不規則に腸が動くことにより、ガスは肛門の方に行ったり来たり戻ったりするので、ガス溜まりしてしまい、下腹部に気持ち悪さが出てしまう。

 

ガスだまり解消方法

 

・便とガス(おなら)を一緒に排便時に出すことが大切

・快便の習慣をすることで、痔の予防にもつながる

 

快便習慣の方法

 

・朝食を食べることで腸を動かす(少量でも食べること)

・食物繊維を摂取する

・油を摂取する(排便を促す潤滑油の胆汁を出やすくする)

・お腹や腰を温める(血流悪化すると腸が動きにくい)

・適度な運動

 

快便運動

 

おなか動かし

 

・両手を胃の位置に当てて、鼻から息を吸い胃をふくらませる

・口から息を吐きながら、お腹(胃の辺り)をへこませる

 

※お腹を大きく動かすことで、腸を刺激してカズを抜いたり、排便を促すことができます。胃の辺りにガスがたまっている場合、ゲップが出やすくなり、おならも出やすくなる。お腹動かしは、3~5回が目安。

 

ウエストひねり

 

・手を軽く握って藤を曲げ体の横に置く

・ウエストを動かすように意識して、左右にひねる

 

※ウエストひねりのポイントは、肩や腕を動かすのではなく、へそ部分をひねるという感じで左右にリズミカルに動かす。腹斜筋を動かすのでウエストも引き締まる。30~50回が目安。

 

お腹動かし・ウエストひねりは、ガスだまりだけでなく痔の改善体操にもなるので、テレビを見ながらなど暇なタイミングで続けてみてください。

スポンサーリンク

関連記事があります

スポンサードリンク